iPhoneの機能面の進化について

iPhoneの機能進化

初代iPhoneが発売されたのは2007年のことですが、それまでまだまだiPhoneの役割は携帯電話としてのニーズが中心でした。初代iPhoneでは写真は撮ることが出来たものの動画はまだ撮ることはできず、写真の画素数としても200万画素と少ないものでした。

しかし、続くiPhone3Gから動画を撮ることができるようになると、画素数やほかの機能などはじめどんどん進化することができました。従来の携帯電話で行っていたインターネットブラウザなどに比べ、かなりインターネットも早く見ることが出来、現在のiPhoneではパソコンのブラウズとネット速度は遜色ありません。

そして、iPhoneの機能をより進展させたものがアプリケーションの活用です。iPhoneにアプリをインストールすることによって無限大の使い方をすることができます。地図アプリにより地図をダウンロードすれば、カーナビゲーションのような使い方をすることもできます。また、メモ帳をアプリで落とせば、紙とペンでメモを取るような役割になりますし、アプリケーションを活用することで健康管理や買い物をすることさえできます。

最近のiPhoneにはFeliCaが搭載されており、おサイフケータイのように使うことすらできます。現金を持ち歩く必要もありません。そのように考えると、iPhoneひとつでかなりたくさんのことができますし、何役も果たす優れものであると言えます。


~iPhone関連お役立ちサイト~
今やiPhoneは手放せない程の必需品となっているでしょう。iPhoneが突然故障しても困らないように、即日でのiPhone修理が可能な店舗をご紹介します > iPhone 修理

Copyright © iPhoneの機能面の進化について, All rights reserved.