iPhoneの機能面の進化について

iOSの進化

iPhoneの進化というとカメラ機能や外見ばかり活用しそうですがやはりiPhoneの機能で外すことができないのがiPhone内部のOS、すなわちiPhoneの頭脳は10年間の間にものすごい進化を遂げてきました。

続くiOS2は、iPhoneOS SDKが初めてリリースされ、誰もがアプリを検索できるようになりました。AppStoreも立ち上げられ、アプリはApple社の独壇場でした。日本でiPhoneが普及したiOS3も、テザリングやSpotlightなど新たな機能が付きました。iOS4からその名称が使われ、ゲームアプリやビジネスアプリなどユーザーの幅が広くなりました。

音声認識エンジンSiriが普及し始めたのはiOS5からです。その後iOSが進化するたびにSiriの精度が増し現在ではユーザーに欠かせない機能になっています。iOS8では、ApplePay、AppleMusicが使えるようになります。それから、史上最大のアップデートと言われているのが、iOS10です。家電をiPhoneからコントロールできるHomeアプリなど今までになかった機能が着目されています。最新機種ではiOS11が搭載されるとあり、こちらも注目されています。

Copyright © iPhoneの機能面の進化について, All rights reserved.