iPhoneの機能面の進化について

iPhoneデザインの進化

iPhoneユーザーがiPhoneを使う理由の一つに、デザイン性が高いことが挙げられます。iPhoneのデザインも10年間の歴史とともに進化してきました。初代iPhoneからアプリを画面上にグリップ状に並べることでなんとなく現在のデザインを彷彿とさせるスマートフォンのドミナントデザインが確立されています

iPhone6Plusでは、大画面スマホとなり、iPhone史上最大の5.5インチのスマートフォンが登場しました。 それから数年iPhoneのデザインは変わらなかったのですが、そこで革命を起こしたのがiPhone7です。iPhone7はフラットデザインを採用し、陰影のはっきりしたデザインを実施しました。それからiPhoneは進化しましたが、ユーザーがアプリを検索しやすいようなデザインになってきています。

特に最新機種であるiPhone8は、ライトニングコネクターを廃止したり、有機ELディスプレイを実現して、ホームボタンを廃止するといった今までにない進化を実現しています。そのため、大きさを変えずにフレームのないデザインを実現しています。大幅なモデルチェンジを実現したiPhoneのデザインの進化が、今後も期待されています。

Copyright © iPhoneの機能面の進化について, All rights reserved.