iPhoneの機能面の進化について

カメラ機能の進化

iPhoneの歴史とともにカメラも発達してきました。初代iPhoneはカメラが200万画素であり、動画も取ることができないですしデジタルカメラにははるかに劣る機能でした。しかしながら続くiPhone3G から動画機能が始まっており、年を追うごとにそのカメラ機能には一段とこだわって作られています。

2016年に発売されたiPhoneSEでは、カメラの画素数が1200万画素を実現しており、これはデジタルカメラと比べても遜色がないものです。特に同年3月に発売されたiPhone6SPlusでは、カメラとビデオの手ブレ補正機能が付けられています。また、背面にデュアルカメラを搭載しています。

この変化がなぜ実現されたかというと、やはりSNSの普及です。SNSで自撮りしやすいように背面カメラの画素も700万画素まで向上しています。どのような瞬間を切り取っても指一本でデジタルカメラ相応の写真を撮影できます。

そして、最新のiPhoneは背面にレンズを2つ配置したデザインで、画像を立体的にとらえられるのも最近のiPhoneの特徴です。2つのレンズで物事を立体的にとらえ、バーチャルリアリティーの世界も楽しめるように進化してきています。

Copyright © iPhoneの機能面の進化について, All rights reserved.